NOSOCOMIAL INFECTION CONTROL院内感染対策

Home > 院内感染対策

安心してご利用いただけるよう滅菌を徹底しています

甲府の歯医者「山浦歯科医院」では、地域の皆さまに安心してご来院ただけるよう、徹底した衛生管理を行っています。最新の機器・設備を導入して院内感染の予防を行うほか、一人ひとりのスタッフが衛生に関する高い意識を持って実践しています。

滅菌とは

治療の際に血液や唾液、削られた歯質などが飛散する歯科医院では、感染症への対策が欠かせません。当院では、歯科治療の進んでいる欧州諸国の厳しい基準をクリアした滅菌器を取り揃えるなどして、徹底した滅菌・消毒体制を整えています。

滅菌への取り組み

ディスポーザブルの導入

治療で使用するもののうち、手袋やコップ、エプロン、注射針など、可能な限りディスポーザブル(使い捨て)の製品を採用しています。患者さまごとに、常に清潔で新しいものをご用意することで徹底した院内感染予防を行っています。

治療器具の滅菌

歯科現場の滅菌では、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)が広く使用されていますが、オートクレーブは滅菌力の強さにより、上から B / S / N にクラス分けされています。

日本では多くの歯科医院で普通使用されているオートクレーブは「クラスN」です。「クラスN」は、日本では一般的なクラスですが、用途や被滅菌物の種類には限りがあります。

ですが、顕微鏡下で手術を行うマイクロサージェリーやインプラントなど、高度化する歯科医療の中、治療器具を通じての交差感染防止の標準予防策も、医療の高度化に応じた滅菌のクオリティが求められています。

滅菌レベルについて
クラス 種類 概要 滅菌対象
Class N Naked Cycle 蒸気と空気の重量の違いを利用し、缶体内の空気除去を行います。一般の歯科医院で利用されている滅菌法です。 ・ミラーや単純な器具
Class S Specific Cycle 滅菌前に1回、真空状態を作り高圧蒸気滅菌します。クラスNとクラスBの中間的な性能です。 ・ミラーや単純な器具
・口腔内を吸うチューブや複雑な器具
Class B Big Autocrave Cycle 滅菌前、乾燥時に数回の真空状態を作り、あらゆる種類や形状の被滅菌物を滅菌します。 ・ミラーや単純な器具
・口腔内を吸うチューブや複雑な器具
・歯を削るタービンやコントラなど、より複雑な器具

医療先進国のヨーロッパ規格 EN13060 とは、先進国や日本以外のアジアで重視されている高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)に関する規格ですが、この EN13060 において「クラスB条件(最高に厳しい条件)」をクリアした滅菌器に、ドイツ製「 MELAG Vacuklav 31B+ バキュクレープ31+」があります。

優れた滅菌性能と、あらゆる器材の滅菌を可能としており、歯科医療におけるグローバルスタンダードとなる滅菌クオリティは、確かな感染対策と、すべての患者さんに安心と安全をお届けできると考え、山浦歯科医院で導入しております。

山浦歯科医院について
治療について

35.66265349793357,138.5660433681229

山浦歯科医院

35.66265349793357,138.5660433681229